中国古典

中国古典〜1日1言〜:2/7

谷本一真

2/7

前事忘れざるは後事の師

-前事之不忘、後事之師-

「戦国策」

前事ぜんじ忘れざるは後事こうじの師

前事:むかしのこと。これには、①自分の体験、②歴史上の経験、の二通りの意味が含まれている。

後事:将来。

とくに重要なのは、失敗の経験に学ぶことである。それをしないと、何度も同じ失敗を繰り返す恐れがある。これは賢明な生き方とは言えない。

 

戦国策

戦国策

人間の闘争の表裏を達意の文章で示している書物です。日本では江戸時代に広く読まれたとあります。

戦いに勝っていくためには、自身の失敗体験、先人達の経験(伝承)をたくさん知り、自身の経験に活かすことが大切だと思います。

闇雲に気持ちだけで相手に熱くぶつかっていっては、墓穴を掘る可能性が高くなります。状況を観察し、相手の逆をつくプレーをすることが勝つためのコツの一つです。「心は熱く、頭は冷静に」という言葉を私も学生の時に指導者にかけてもらいました。冷静に状況を分析して状況を打破するためには、過去の失敗、先人達の経験が役に立ちます。

スポーツや仕事などは、目の前の相手との戦いです。経験を積み重ねる重要性は、戦いに勝つためでもあります。

失敗から学ぶ

こういった書物からも言われているように、「失敗から学ぶ」という事はとても大切なことです。自分の経験と歴史上の経験から、失敗を学ぶことが大切です。

現在、失敗=ネガティブ な事とイメージがついています。しかし、失敗することはポジティブな事です。そこに成長するキッカケが隠れています。

少年サッカーにおいても、「上手くできないプレー」を改善するために取り組むことが成長につながります。

こういう姿勢が身についている選手は、急激に成長します。少年サッカーの試合を通して「急に上手くなったな」と思うことがあります。その少年に話を聞くと、「ものすごく練習した」とのことです。

失敗とは転ぶことではなく、起きあがらないことである。

メアリー・ピッグフォード(アメリカの女優)

このような言葉もある。

ここでいう失敗=次に活かす経験にしていくことが成長には大切です。

好きでないと失敗から学べない

失敗から学ぶためには、取り組んでいることが心の底から好きでないといけません。

少年サッカーの現場では、全員が心の底からサッカーが好きという選手ばかりではありません。

「父さんがサッカーしろって言ってるからしている」
「俺大人になったらサッカーしないと思う」
「クラスの皆がしているから…」

など、小学校単位でのクラブチームを指導していると、色々な子供達に出会えます。

純粋にサッカーが好きな選手は、能力が高いです。それは、前事において、サッカーと向き合う時間が多いことが主因として考えられます。

やはり、事柄と向き合う時間が多ければ多いほど、能力が高くなります。

前事には、①自分の体験 も含まれています。

効率性を求められる昨今ですが、自分の体験を積み重ねていくことが、後事に役立つという事が昔から述べられています。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

本書は人生を生きるうえで参考になることばがたくさんあります。ぜひ購入して普段の生活に役立てることをお勧めします。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました