中国古典

中国古典〜1日1言〜:2/14

谷本一真

2/14

徳は事業の基なり

-徳者事業之基-

「菜根譚」

徳は事業のもとなり

菜根譚:中国古典のひとつ。儒教思想を中心にし、仏教・道教思想も加味した約360条の処世訓。江戸時代に伝来し、日本で広く愛読された。

事業を発展させる基礎になるのは、経営者その人のもっている徳だという。

中国三千年の興亡の跡をたどってみると、勝ち残りに成功した者は、それぞれにずばぬけた能力に恵まれていた。

能力さえあればそれで十分かと言うと、けっしてそうではない。それにプラス、リーダーとしての徳を身につけていなかったら、万全とは言いがたいように思う。

 

発展させるために必要な徳

何かを成し遂げるのに、能力は確かに必要です。特に身体能力には恵まれていると、スポーツには非常に有利です。

足が速い、背が高い、フィジカルが強い、俊敏性がある…

こういった能力がある事で、プロになる可能性が高まります。

しかし、プロになったとしてもそこから自身を発展させるには、”徳”が必要だと思います。

能力ばかりに頼っていると、成功はしても更なる飛躍は難しいでしょう。

ガンバ大阪の宇佐美貴や柿谷曜一朗など、彼らは若い頃に将来を有望とされていました。しかし、海外に挑戦をしても、自身の価値を高めることはできませんでした。

徳とは
  • 修養によって得た、自らを高め、他を感化する精神的能力
  • 精神的・道徳的に優れた品性・人格
  • 人間としてわきまえるべき倫理的な規範

などの意味があります。

自分一人の利益や成長を図るのではなく、チームや組織全体の成長を考えることが、徳を身につけるマインドセットだと思います。

チームや組織の先頭に立つ人物

私はキャプテンに対して、「先頭に立つ人物」であると伝えています。

チーム・組織の先頭に立ち、引っ張っていける存在がキャプテンであると考えています。

その先頭に立つ人物には、”徳”を身につけることが大切です。

徳を学ぶ姿勢のあるリーダーがいることで、チームや組織は成長を続けることができます。

それは、指導者にも言えることだと思います。

常に学び、成長に貪欲なチームや組織は、成長し発展していくと思います。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

本書は人生を生きるうえで参考になることばがたくさんあります。ぜひ購入して普段の生活に役立てることをお勧めします。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました