Jr.サッカー

N14 中西メソッド②

第2回について、大まかに整理していきます。

第2回の内容は、より専門的で僕個人としてもタメになる内容が多かったです。

なので、心に響く言葉が多かったです。

第2回のテーマは

「ピタリと止まるトラップ」

指導者としての心構え

再現性のあるプレーができること(成功率を高めること)

そのための言語化、論理化を追求していく事が、指導者として大切だと思う。

指導方法には①ロジック型と②just do it型の2つがあると言っている。

なぜこの練習をするのか?

納得してトレーニングする事の重要性(ロジック)。

これをしていたから上手くなった(just do it)。

考えさせる事の重要性(全てをすぐには教えない)

ここで重要となるのがトレーニングの難易度設定

難しいと諦めてしまう

簡単だと飽きてしまう

出来そうでできない難易度設定を行えているかが重要

ウサギ

このトレーニング設定が、指導者の腕の見せ所だと思う。

大切な事は…

なぜ上手く行えたのか、選手に考えさせて言語化させる。

その1つに、なぜ逆足でできないのか。

これは、身体に意識を向ける良い言葉だと思う。

ピタリと止まるトラップ

ボールを止められれば、次のプレーのクオリティが上がる。

体の物理とボールの物理

重心を高く、股関節をクッションのように使い、ボールを真下に落ちるようにトラップする(軸足を抜くトラップ)

ボールの上を触れば止まる。止める瞬間は軸足・上半身を浮かせて頭を高くし高重心を作る。

ボールを受ける前に首を横に振る。

これは状況把握に加えて良い姿勢を作る役割もある。

大事なのは蹴った後に首を振れるかどうか。そのために、蹴られたボールの軌道を予測し、正面に立つポジションをとる。

それを実現するためのステップワーク=ダブルステップ(軸足を2回踏む)

テンポ感を宿らせる

ボールを止めた瞬間に仕掛けようとする。この心の姿勢は忘れてはいけない。

“しまった”を“良かった”と思えるか

イレギュラーなどもあり、トラップが浮く事もある。

しまった→ヤバい:と思うか

浮いたな。浮いたら次どうしようか:と思うか

プレーの目的はうまく止める事ではない。

トラップは手段の1つ。

トラップの後に、シュートやパスやドリブルがある。

浮いたら、浮き球のプレーに切り替えたら良い。

ロナウジーニョはボールが浮いていることを楽しんでいるような

浮いたボール:落ちてくるボールを蹴る、浮き上がってくるボールを蹴る

バウンドリフの次のメニューとして、浮き球をフリックする。(高低、左右)

第2回では、僕なりにまとめると。

  • 指導者として、指導手段と言語化の誘導
  • トラップを止めるための方法と姿勢
  • 浮いたボールも処理できる心の余裕

主にこれらが重要な事だと思いました。

トラップはあくまで手段であり、その後のプレーを左右する重要な個人戦術でもあります。

トラップの技術を日々高めららえるように、取り組んでいこう。

ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)