FC宇和島

N14中西メソッド〜実践してみた:試合で決まりやすいシュート〜

中西哲生さんは、メソッドの中で「体積を増やすシュート」が有効であると言っています。

ストレートで蹴ると四角錐になるが、

ゴールに対して、四角錐の外側に曲線を描くキックをする事が体積を増やすシュートである。

それが、

インカーブとアウトカーブのシュート

その方が、GKがセーブしにくくなる。

そういえば、私も高校の時にインカーブのゴールを決めた事を思い出す。しかも、強いシュートではなく力みがないシュートであった。

シビアな状況+相手のミスなどを省いたゴールを除くと、速いシュート、強いシュートは決まっていない。

まさにそのとおりだった。

また、強いシュートを蹴ろうとすると、力みが生じやすくなるという。

確かにそうだと思う。

現役時代は、強いシュートを決めるしか頭になかった。このような知識があればもっと違ったプレーができていたと思う。サッカーは常に変化し進化していくスポーツだと改めて感じている。

指導者は、自分自身が成長を止めてしまっては絶対にダメだと思います。

病院勤務時代でも、常により良いリハビリが行えるように勉強を積み重ねていく必要がありました。

サッカーにおいても(どの分野においても)、技術と知識を積み重ねて進化させていく事が大切だと思っています。

今回、N14中西ラボで学んだシュートを練習してみました。

右足インカーブのシュート
左足インカーブのシュート

成功率は1〜2割ですが、この成功率を高めるために練習を積み重ねていく必要があります。

このインカーブのシュートに加えて、シュートフォームが”軸足抜き蹴り足着地”だとGKは読みにくいシュートとなるとの事。

ボレーやヘディングが入りやすい理由の一つらしい。

また、ショートバウンドのインカーブのシュートが入りやすく読みにくいシュートとなるらしい。

ミドルシュートの場合

体積を増やしたほうが良い時、ストレート系のシュートが良い時、毎回シュートを打つ距離と角度、GKのポジションによって選択するシュートが変わる。

N14ラボ 中西哲生オンラインサロンより

という事らしい。

様々なシュートスキルを身につける事に越したことがないという事。

しかし、一番入る確率が高いのが、インカーブのシュートであり、決して強く速いシュートが入るわけではないという事。

そして、シュートが入る確率を高めるために

体にテンポを宿らせる(一連の動作に)

焦りや力みはすべてを狂わせる(感情を殺す)

平常心(平定心)で蹴る

これらが大切である。

平定心は造語で、心がまとまって平であるという事が大切であると思う。左右どちらにも対応できる事が重要であると考える。心は揺れ動くものだが、シュート場面では心が定まっている事が重要である事を表現した。

これらの事をベースに、”ゆっくり丁寧に”自分なりのシュートフォームを構築していく事が大切である。

この「何事もまず”ゆっくり丁寧に”」という言葉は、オンラインサロンで中西さんから直接頂いた言葉です。

中西哲生さんのオンラインサロンでは、本当に様々な学びを得る事ができる大変有意義なサロンとなっています。

毎回、様々な発見を頂きとても勉強になります。

反復練習を繰り返し、「体にテンポを宿らせる」ように練習を繰り返していきたい。

私は、このシュートが蹴れる確率は10回に1〜2回蹴れるかというレベル。1万時間の法則という言葉があるが、練習の量と質が両方マッチする事でより成熟度が高まると思います。

また、平行して身体の緊張を整えるボディワークやコンディショニングなどが、成功率が高める方法なのだと思う。だから、サッカーの実際の練習だけでなく、リラックスするためのストレッチやマッサージ、瞑想、他競技を行う事によるリフレッシュなどは重要であると思う。全ては目的のために繋げられるという事であり、世の中に無駄な事などなく、捉え方次第で全ては良い方向を向くという事と思います。

意識の高い選手であれば、小学年代からこのように個人トレーニングをするべきだと思います。いつか、中西哲生さんみたいに、サッカーのパーソナルトレーニングができるようにこれからも準備していきたいと思います。

ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)