中国古典

中国古典〜1日1言〜:1/16

谷本一真

 

1/16

上善じょうぜんは水のごと

-上善如水-

老子ろうし

上善:もっとも理想的な生き方
そういう生き方をしたいと願うなら、水のあり方に学べという

水は四角な器に入れば四角になる。
丸い器に入れば丸い形になる。

水は低いところに流れる。水は人の嫌がるところに流れ、すこぶる謙虚である。

水はものすごいエネルギーを秘めている。急流となれば、固い岩石をも打ち砕いてしまう。

水は、柔軟、謙虚、秘めたるエネルギー
の3つの特徴を持っている。
人間もそれを身につける事ができれば、理想の生き方に近づけるのだという。

水のような柔軟な心

人間において必要不可欠な存在である水。その水に意味を見出している言葉には先人の知恵に感銘をうけた。

水は形を変えて存在することができる。そしていろいろなかたちに変化して存在している。

四角い容器に入れば、四角になるし、丸い容器に入れば丸くなる。水の性質をそのように捉える観点に学ばされる。

熱くなったり、冷たくなったり、かたちも変えれば熱量もかえることができる。

水は氷となって強くなることもできれば、溶けて柔らかくなることもできる。

かたちを変えて、性質もかえることができる。

水のようなパワー

老子で語られるこの言葉

理想的な生き方とは、水のような在り方・姿勢が大切だと学ばされる。

その環境に適応し、謙虚に学び続け、大きなパワーを発揮できるような生き方を続ける事が成長なのだと思う。時に熱く、時に冷静に。

水のような関係性

小学生において、このような表現にふれることは大切だと思う。

比喩などの表現方法を学ぶことは、コミュニケーションスキルを磨く上で大切だと思う。

近年、大人の目を見ないで話をするこどもが多くなっている印象がある。

大人の話がつまらないという側面もあるかもしれません。大人が子供と話すときには“わかりやすい表現“が大切です。

そして、コミュニケーションにおいて、双方が相手の目を見ることは大切である。これはずっと子供たちに伝えています。

サッカーの能力が高い選手は、こういったコミュニケーション能力も高い傾向があります。しっかり人の話を聞く姿勢がある選手は伸びます。
そして、水のように流動性があり、自ら動くことで新たな経験を得られる。

水のように柔らかく、かたちを変えながら、時に強く、時に謙虚に、秘めたパワーを発揮しながら生きていくことで良い人生を過ごしていきたい。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました