Jr.サッカー

Jr.サッカー指導において大切な事:プレーモデルとコミュニケーション(共通理解)の重要性

ジュニアサッカーを応援しよう“というサイトで、とても勉強になった記事があった。

濱吉正則氏インタビューの中をまとめた記事サイトであった。本も来年1月6日に出版されるようで、購入してみたいと思った。

今回、濱吉さんのインタビューから、自分が少年サッカー指導に繋げたい内容をまとめてみた。

プレーモデル:目指すサッカーを決める

指導者がまず、“目指すサッカーにつながるテーマを選ぶ”事が始まりになるという事。

パスを繋ぐサッカーをするのか、がんがんドリブルで仕掛けるサッカーを主体とするのか、クロスをバンバン上げるサッカーを主体するのか、パスでもロングボールを主体とするのか、引いて守ってカウンターサッカーを主体とするのか…

サッカーにおいても、様々なモデル(お手本)が存在しています。それは、監督によったり、チームに所属している選手によっても目指すサッカーが変わってくると思います。

プロの監督などは自分が目指したいサッカーに合う選手を獲得し、目指すサッカーを追求していくのだと思います。

まずは、指導者が目指すサッカーを明確にし、目指すサッカーが体現できる練習をしていく事が重要になると思います。

子供達の“4つの能力”を伸ばす
  1. インテリジェンス=サッカーで必要な知性を磨く
  2. テクニック=ゲームで必要な実践的技術を習得する
  3. コミュニケーション=共通理解を持ってプレーする習慣を身につける
  4. メンタリティ=リスクを恐れずプレーする心を持つ

練習の組み立て方

目指すサッカーを明確にし、練習メニュー全てに繋がりをもたせる。

私が現在、指導している4年生には「パスを繋ぐサッカー」をテーマに練習に取り組んでいます。

私も練習において、「さっきやった練習をここで生かしてほしい」という声かけも意識して行なっています。

その中で、練習においてパスを繋ぐためには

”テクニック”が必要(ボールを止めて、蹴る)

”観る”:周りの状況を把握し、理解する事が重要

”判断”:有効な選択ができる事が重要

ここで、濱吉さんの言葉で

先読み”と”インテリジェンス”を大切にしている。

という言葉があります。これはとても凄く勉強になりました。

中西さんの言葉で”技術+思考=スキル”という言葉がありますが、思考の中にはこの先読みも重要なワードだと感じました。

子どもたちには、この”先読み”という言葉を意識させる指導をしたいきたいと思いました。それが、パスを繋ぐサッカーに生きると思います。

インテリジェンスを難しく捉えない

これも、子どもたちにわかりやすく伝える事が大切だと思いました。

英語なので何?ってなると思います。

要は知性。見たことをどのように認識するか。認識した状況に、自分がどうやって反応し行動すればチームのためになるかを考える必要がある。そこに共通理解が必要となる。

これを培えるトレーニングが、「1対1+1対1」や「2対2+2対2」

  • 1+1の関係でサッカーができる
  • 1+2の関係でサッカーができる

という事が、サッカーで必要な知性の一つ

私の場合、パスを繋ぐサッカーを体現させるためには、

  • テクニックの習得
  • 先読みする能力
  • 状況に適した行動
  • 共通理解をするためのコミュニケーション

が重要になってくる。文字に起こした改めて、練習の重要性を痛感する事ができました。

1 2 3
ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)
ウォーターサーバーブランド「Kirala」