FC宇和島

FC宇和島との関係

私とFC宇和島との関わりは、2011年の前身である宇和島クラブからです。
(その当時は南予リーグに所属していました)

2016年にFC宇和島に改名し、2020年から監督としてチームに所属する事になりました。

これまで宇和島の社会人サッカーに関わってきた私の思いは

「宇和島に強い社会人サッカーチームが存在する」という事です。

全国社会人選手権
(写真は全国クラブチーム選手権大会の2回戦)

私の原点は、小学校〜高校の間、宇和島でサッカーをしてきた経験です。
(和霊SC〜城北中学校〜宇和島東高校)

宇和島に、強い社会人チームがあり続けるという私の目的は…

「宇和島でサッカーをしている子供達の手本となる存在」

もちろん、宇和島で「もっとサッカーをしたい」という大人達の場所でもあります。

私は、中学生の時に高校生と、高校生の時に社会人の方と一緒にサッカーをする機会がありました。そうすると、スピードやテンポが違うのでとても良い練習になりました。
このような機会を、宇和島でサッカーをしている子どもたちに提供したいという勝手な思いがあります。

サッカーを通して、育ててもらった地元宇和島に少しでも恩返しをしていきたいです。

サッカーはとても素晴らしいスポーツです。

・何歳になっても努力する事で、上達します。
・友達もたくさんできます。
・協調性や個性が身につきます。etc

これから、FC宇和島の活動(主に練習風景や試合の振り返り)を考察し、まとめていきます。

ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)