FC宇和島

ESL Cup

リーグ戦の3試合を消化しました。

FC宇和島は3戦3勝で首位でグループリーグ通過できました。

去年までのメンバーに、今年から入った選手との融合がもっとすすめば更なるチームレベル向上に繋がると感じています。

社会人サッカーの難しいところは、寄せ集めの中でいかにお互いのプレースタイルを理解し調和を図る事だと思います。

1990年代〜2000年代はスペシャルワンの選手がいるチームが優勢となる傾向と思っています。

しかし、現代はフィジカルレベルが高くなり「サッカーのアスリート化」が進みました。

ディフェンスレベルが向上、守備戦術の向上によりナンバー10が育ち難い時代と思います。

モウリーニョがポルトを率いてCL優勝した2003−2004シーズンから守備戦術が向上してきたように思います。

チームを融合させる事は難しい…

チーム戦術に個人が合わせるか、個人戦術にチーム戦術を合わせるか…

そのためにはやはりコミュニケーションを図る必要がある。

トーナメントが始まるまでに、一度みんなで話し合いの場を作ろう。

社会人の立場から、宇和島のサッカーに少しでも貢献できるように。

ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)
ウォーターサーバーブランド「Kirala」