食事/栄養

現代人には、“栄養”という投資が足りていない

最近読んだ本で、満尾正さんの著書「食べる投資」で、面白い視点がありました。

ここで、少し紹介したいと思います。

食事の価値は、2つあります。

①美味しいものを食べて幸せを感じる(食欲を満たす)

②体づくりのために食事をとる(栄養を満たす)

満尾さんは、①の食事を「特別美味しいものは、高カロリー、高塩分、高糖質、高脂質」であると述べています。

現代において①の食事を週に5〜6回など習慣にしていると、病気になるリスクが高まります。

肥満、高血圧、糖尿病、慢性炎症…

美食飽食に溺れると人相の良い人でも運気が下がり、粗食節食に徹すると人相の悪い人でも運気が上がる

水野南北

昔から、飽食のデメリットが啓発されていたのですね

しかし、現代において粗食を続ける(美食を0にする)のは、食の楽しみを奪うので私はよくないと思います。

毎日粗食は辛いので、個人的には週に1〜2回は美食を食べて良いのではと思います。ただ、食べ過ぎは禁物ですが

2017年の厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、

30〜50代では、男性は3人に1人、女性は4人に1人は肥満という結果がでています。

いわゆる過食が続くと、肥満、疲れやすい、体調不良、頭痛がするなどが原因でパフォーマンスに影響がでるとされています。

ウィルモア教授という方が、

「栄養学は、医学のすべての分野に共通する基盤である」

と述べています。

ビタミンやミネラルの勉強を進めていけば、体調に合わせた“栄養の投資”ができると考えています。

今回、この著書で僕が意識していなかった事が1つありました。それをまとめてみます。

1日に4色の野菜を食べる

野菜には抗酸化作用があります。

また、食物繊維は腸内環境を整える作用があります。

腸を整えるためにも、野菜は摂取する必要があります。

赤:リコピン、カプサイシン

リコピンには、強い抗酸化作用があるとの事です。それは、ベータカロテンの10倍、ビタミンEの100倍あると記述されています。

トマトとスイカが代表例として挙げられていました。

カプサイシンには、血流を良くし代謝を高め、体脂肪を燃焼する作用があるようです。

代表例は唐辛子

黄:フラボノイド類

ビタミンCの吸収を促し、血管を強くする作用があるようです。

代表例は玉ねぎ、黄色のパプリカ

橙:ベータカロテン、アルファカロチン、クリプトキサンチン

体内でビタミンAに変換されるようです。皮膚や粘膜の保護、がん予防などの作用もあります。

代表例はカボチャ、ニンジン

緑:クロロフィル

植物が光合成を行うための成分だそうです。

血液をサラサラにし血中コレステロールを下げる作用を持つ。

代表例はほうれん草、小松菜、春菊、キャベツ、抹茶も。

紫:アントシアニン

強い抗酸化作用を持つほかに、白内障を予防する作用をもつそうです。

熱に弱いため、生食が適している

代表例はなす、赤キャベツ、赤シソ

黒:クロロゲン酸

空気に触れると黒く変色する成分だが、変色は酸化した証だと。

抗酸化作用のほかに、体脂肪を燃えやすくする作用をもつ。

代表例はじゃがいも、さつまいも、ごぼう。コーヒーもクロロゲン酸が豊富。

白:硫化アリル、イソチオシアネート

硫化アリルは、辛味のある成分。がん予防と体内の有害物質の排泄を促す作用を持つ

代表例はにんにく、長ネギ

イソチオシアネートも、辛味のある成分。すりおろす、刻むなどして細胞が壊れたときに生じると。

血液をサラサラにする作用、ピロリ菌を除去する作用がある。

代表例はブロッコリースプライト、ブロッコリー、キャベツ、大根

※この7つの野菜には、全てに抗酸化作用があります。慢性炎症を予防・改善するにも、毎日の野菜摂取は重要だと思います。

その他にも、ミネラルに関する事や慢性炎症や“食べない投資”=ファスティングについても記述があります。

これまで読んできた他の書籍にも通じる所が多々あるので、今後まとめていきます。

毎日の食事で、食欲を満たすのか、栄養を満たすのかを少し考えて、自分の体に食べ物を投資するのが大切だと思います。

ABOUT ME
谷本一真
ロコモK.O Kizuna 青葉台店トレーナー。10年間の病院での経験を基に、予防医学に焦点をあて活動しています。【経歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年ロコモK.Oに転職【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/ライフキネティック公認トレーナー/日本サッカー協会公認C級コーチ 他 【ライフワーク】サッカーに関する活動(和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務)