ヘルスケア

有酸素運動に重要なのは〇〇!

谷本一真

有酸素運動を行うにあたって、重要な事があります。

それは

心拍数です。

有酸素運動に求める効果によって、この心拍数の目標値は変わってきます。

一般的に、有酸素運動に求める目安は

60歳以上の方は100拍/分

60歳未満の方は120拍/分

これが、まず大まかな目安になります。

ここから、個人に応じた心拍数の設定をご紹介します。

最大心拍数

最大心拍数から運動強度を決めて、設定する方法があります。

これが一番簡便な方法です。

最大心拍数

220ー年齢=最大心拍数

自分の年齢から求めた最大心拍数に運動強度を決めます。

有酸素運動の設定心拍数

最大心拍数 ✕ 運動強度(%)

運動強度は%で決めます。

低強度:30〜49%

中等度強度:50〜79%

高強度:80〜95%

最大強度:95〜100%

この有酸素運動の場合

“中等度強度の設定心拍数まで上げる”事が有酸素運動の基準となります。

30歳の場合、中等度運動は

(220ー30)✕50〜79%=95〜150拍/分

となります。

有酸素運動の効果を得るためには、この心拍数の範囲で全身持久力トレーニングを行う必要があります。

もう1つの基準に、カルボーネン法というのがあります。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました