Jr.サッカー

子供達の成長を後押しする方法

少年サッカーの指導を通して、私が子供達の成長を後押しするための方法をまとめます。

それは

  1. 「できそう」で「できない」という課題を与えること
  2. 失敗する機会をあたえること

です。

①課題

課題を与えるうえで注意していることがあります。

それは

  • 「クリアしたい」という課題を与える

ということです。

私が指導しているチームの選手で、課題に一生懸命取り組んでくれる選手がいました。それは「無回転シュート」を蹴れるようになるという課題です。ボールの中心を捉える練習にもなります。練習の休憩時間でも、一生懸命課題に取り組んでいました。子供達が「練習している」と自主的に取り組む行動変容をあたえられことが嬉しかったです。

自分の能力を向上させるためには、自主トレーニングは非常に大切です。外発的ではなく、内発的に。言われてやるのではなく、自らがすすんで行うことが大切です。

②失敗する機会を与える

よくあるのは「失敗しないために、大人がその場面を奪う」ことです。誰しも失敗はあります。特に子供時代には反省や後悔などの失敗が、心身の成長には不可欠です。

試合に勝つために練習しています。
勝つためには、さまざまな手段を講じなければいけない。

講じるとは、「問題を解決するために方法や手段を考え、実施すること」

その過程で失敗は不可欠です。失敗=勉強です。勉強させないで成長できません。僕は子供達に試合中にミスをした際には「勉強になったね」という声かけをするようにしています。

近年、親が子供の行動をコントロールしすぎているのではないかと危惧しています。もちろん、各家庭に教育方針がありますし、何がbetterかはわかりません。ただし、子供の自主性を重んじた教育方針が私は好きです。

子供達がプレーする機会を与えることが、まずは指導者としての役目だと思います。次に、良い指導を行える人間性とスキルが大切です。

今後も、子供達の成長を後押しできるように精進して行きます。

ABOUT ME
谷本一真
サッカーと予防医学を大切にしている理学療法士 【職歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年フィットネスジムに転職 【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/R-body conditioning coach/日本サッカー協会公認C級コーチ  【サッカー】和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務