参考資料

1)市橋 則明 運動療法学 運動と代謝機能 文光堂 101-113,2011.3

2)デイヴ・アスプリー シリコンバレー式自分を変える最強の食事 ダイヤモンド社 2015

3)玉木彰 監修 リハビリテーション運動生理学 株式会社メジカルビュー社 2019 p256

4)西端泉 もうダイエットはやめよう!ボディウェイト・コントロール 健康のための体重調節 ラウンドフラット 2014

5)石井直方 究極のトレーニング 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり 講談社 2007

6)渡辺和之 なぜ治らないか? 腰痛、ひざ痛、関節痛治療の裏側 PRESIDENT プレジデント社 2019.11

7)石井直方 最新のトレーニング事情 コーチングクリニック 2019.6

8)寺田健太郎 スピードやパワーの強化に有効な「VBT」のススメ コーチングクリニック 2019.6

9)佐藤元律 他 運動をすると、どのようにエネルギーが消費されるの? 糖尿病ケア 2018 vol.15 no.9

10)酒井義人 老化のメカニズムと慢性疼痛との関連 日本臨牀77巻12号 2019

11)鈴木克彦 自然免疫・炎症に及ぼす運動の影響ーそのメカニズム 医学のあゆみ Vol.269 No.11 2019.6

12)中西哲生オンライン講習会『日本最強のパーソナルコーチが教える「N14中西メソッド」サッカー個人技術トレーニング』

13)山岸昌一 久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学教授 糖化ストレス:AGEsと心血管障害 Angiology Frontier vol.14 no.3(183) 2015

14)石井健太郎 Postural Restoration Institute姿勢と運動学の観点から -Introduction to PRI Sportsmedicine 2015 NO.169 p25-28

15)フランク・ラポルト=アダムスキー 訳者 森敦子 監修 澤田幸男 腸がすべて 東洋経済新報社 2020.12

16)デイヴィッド・エプスタイン 訳者 東方雅美 RANGE(レンジ)知識の「幅」が最強の武器になる 日経BP 2020.3