中国古典

中国古典〜1日1言〜:2/19

谷本一真

2/19

楽しみは極むべからず

-楽不可極-

「礼記」

楽しみは極むべからず

礼記:儒家の経典。礼についての解説・理論を述べたもの。

人生は短い。その短い人生にこれといった楽しみがなく、あくせく働くことだけで終わってしまうなら、なんのための人生か。

問題は、楽しみ方。

楽しみごとは、のめり込めばかえって苦しみを増す。「楽しみは極むべからず」で、ほどほどがよろしいようだ。

 

人生には楽しみが必要

人生において、楽しみを見出すことは大切なことだと思います。

・24時間の中で、数分の楽しみを作る
・1週間で、1日の楽しみを作る
・1ヶ月で、1日の楽しみを作る
・1年で、1日の楽しみを作る

など、時間をうまく活用して”楽しみ”をつくることは人生を豊かにするための大切な手段だと思います。

・朝のコーヒー
・家に帰っての家族との食事
などは、日常の時間を使って楽しみをつくることができます。

また、
・週に2日の休日
・毎年、夏に帰省して友人と遊ぶ
・年末の家族の集まり
など、”たまにおこなう”ことで、価値が高まることがたくさんあります。

そういったさまざまな楽しみを自分で作ることで、日々の仕事をこなす活力にもなります。

人生において楽しみを作ることの重要性

ストレスを解消するためにも、”楽しみ”をつくることは大切です。

特に、人との関わりに関連したことを作ることで、自己肯定感も高まります。

やはり学生時代の友人というのは、一生の付き合いになるのではないでしょうか。

私も時折会う友人との時間を楽しみにしています。

楽しみは極むべからず

スポーツ選手が、オフの時期にやるゴルフなどは、リフレッシュには最適なのだと思います。そこには、”みんなでおこなう”ことで、より価値が高まると私は思います。

”友人たちと楽しめる趣味”というのが、人生を豊かにしてくれます。

私でいうと、サッカーは趣味でもありますが、同時に結果を出したいという欲望もあります。

そういった仲間と、オフにし慣れないゴルフをしたりして楽しみを作ることで、コミュニケーションも深まりリフレッシュもできます。

クラブチームや職場の仲間と、違う活動をおこなうことで、親睦が深まります。

そういった活動の機会を、たまに作っていくことが大切だと気付かされる言葉です。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

本書は人生を生きるうえで参考になることばがたくさんあります。ぜひ購入して普段の生活に役立てることをお勧めします。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました