中国古典

中国古典〜1日1話〜:1/6

 

1/6

百里ひゃくりを行く者は九十きゅうじゅうなかばとす

-行百里者半九十-

戦国策せんごくさく

 

百里の旅をする者は、九十里をもって半分の行程だと心得なさいという。

最終段階におけるツメの大切なことを語ったことばに他ならない。

最後のツメがあまいと、これまでおこなってきたことが報われなくなることがある。

サッカーの試合においても、最後のシュートが決まらなければ、それまでビルドアップでチームでボールをゴールまで運んだ報いを得られない。

また、ゴール前ほど、より適切なタイミングで大胆に行動を起こさないとゴールを奪えないこともある。

最後の最後で、報われなくなると「これまでやってきたことは何だったんだ…」と思いたくなる。

しかし、この過程で得られた知識や技術はかならず次に生きてくる。
そして、生かさなければならない。

サッカーは旅の連続だ。みんなで旅をすると楽しい。サッカーが楽しいのはこういった部分だと思う。チームメイト全員で戦い、試合に勝利した時の喜びは格別だ。

試合では
GK/DFから旅は始まる。DFが良い方向へ道標を示さないと、より攻撃が生まれない。
MFは旅を円滑に行う役割がある。たとえイバラ道になった場合、よりより道にシフトしないといけない。周りを俯瞰して見渡せる能力が必要になる。
FWは旅の終着点にたどり着く意思が必要だ。きれいな到着の仕方もあれば、時には険しい道のりを乗り越えて到着しなければならない。

少年サッカーでは、子どもたちの成長を身近に感じることができる。そういった部分にやりがいを感じる。

子どもたちの成長を、少しでもサポートし、アシストできる存在でありたい。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

ABOUT ME
谷本一真
サッカーと予防医学を大切にしている理学療法士 【職歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年フィットネスジムに転職 【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/R-body conditioning coach/日本サッカー協会公認C級コーチ  【サッカー】和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務