中国古典

中国古典〜1日1言〜:2/6

谷本一真

2/6

面従して退いて後言あることなかれ

-無面従退有後言-

「書経」

面従めんじゅうして退しりぞいて後言こうげんあることなかれ

面従後言:面と向かっては、はい、はいと相手の意見に従っておきながら、かげに回って不平不満を並べたり、非難したりすること。

これのマイナスは二つある。一つは、こちらの人格の低劣さを疑われてもやむをえないということだ。もう一つは、「後言」は、必ず相手の耳に入る。

 後言:当人のいないところで、その人のうわさをしたり悪口をいったりすること。 かげぐち。

かげぐち

少年期において、かげぐちを言ったことは誰しもあるはずです。しかし、これの良いところは何一つありません。デメリットしかありません。

かげぐちを言う人間が多いチームや職場には、良い雰囲気は流れていません。一人一人の人格がチームに影響を与えます。なので、社会で生きていく上で人格は大切になってきます。

1人で生きていくにも、会社に勤めるにも、仲間が必要です。その仲間には多種多様な性格の持ち主がいます。そこで大切になってくるのがコミュニケーション能力です。相性が合わない人とも出会います。しかし、自分の思いを相手に伝えて協力することは大切です。

かげぐちを言うと、必ず相手の耳に入るとされています。そうすると相手もいい感情をもつはずがありません。

私もこれは体験しています。部下が上司のことをどう思っているかというのは、耳に入ってくるものです。

チームで良い結果を出すためには、素晴らしい雰囲気が大切です。言いたいことがあるなら、面と向かって言うべきです。大人になってかげぐちを言うような人間には、成長と成功は訪れないと思います。(伝え方には注意が必要です)

誰に指導される?

かげぐちをいう事のデメリットを、誰から教わるか?

一番は家族だと思います。二番に指導者や周りの大人です。

家族や指導者が、かげぐちをいうような人間だと、子供は将来コミュニケーションに問題を抱える可能性が高くなります。

面と向かって言いたいことを伝える。かげぐちを言わない。

綸言、汗の如し」ということばがある。汗のように、一度口から言葉がでると、もう元には戻ってこない。トップの言葉は慎重に選ばないといけない。

これはトップに限ったことではないと思います。言霊文化である日本。言葉に思いを込めて、相手とコミュニケーションを図ることが大切です。

ぶつかることを恐れている

面と向かって言えないことで、お互いがストレスを抱えてしまい、軋轢を生むこともしばしばあります。

少年期のケンカ経験はこういったところで役に立ちます。

相手とぶつかることで、さらに関係性が深まることもあります。

ケンカをする事は悪いことではありませんが、必ず仲直りをする必要があります。

この「相手とぶつかる」→「仲直りする」→「関係性が深まる」というプロセスは、後言を言わない人間になるためにも必要な人生経験だと思います。

そして、大人になっても目の前の相手としっかりと向き合っていくことが、良好な人間関係を作るために必要な行為だと思います。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

本書は人生を生きるうえで参考になることばがたくさんあります。ぜひ購入して普段の生活に役立てることをお勧めします。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました