1月

中国古典〜1日1話〜:1/9

谷本一真

 

1/9

欹器いきつるをってくつがえ

-欹器以満覆-

菜根譚さいこんたん

欹器:水を入れる器のこと。
→水が空っぽの時は傾き、半分ほど入れるとまっすぐ立ち、満ぱいにするとひっくり返るという。

満ち足りた境遇にある者を戒めたことばに他ならない。
そんな状態にあれば、誰でも向上心に欠け、進歩がとまってしまうからであろう。

少年サッカーの現場をみて感じることに通じる。

満足のいく生活を、子供時代から与えすぎると良くないであろう。

菜根譚で述べていることは腑に落ちる。

試合当日の準備場面
①ある選手は、ユニフォームの着替えは全て自分が鞄から取り出し、靴紐も自分が結ぶ。
②ある選手は、親がユニフォームを手で持って待ち構える。「〇〇したか?」など親がチェック頻度が多い。

①と②の選手のプレーの違いは鮮明である。①の方が自分がなんとかしようと試合中も行動する。しかし、②の選手は味方に譲ったりチャレンジしなかったりというプレーが多くなる。

これは10年間少年サッカーの現場をみてきて感じていることだ。

親が子供の失敗体験を奪っている

子供時代には、たくさん失敗を経験するべきだと思う。恥をかくことは悪いことではない。大人になって恥をかかないために、子供時代にはいろいろな体験をするべきだ。

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました