中国古典

中国古典〜1日1話〜:1/16

 

1/16

上善じょうぜんは水のごと

-上善如水-

老子ろうし

上善:もっとも理想的な生き方
そういう生き方をしたいと願うなら、水のあり方に学べという

水は四角な器に入れば四角になる。
丸い器に入れば丸い形になる。

水は低いところに流れる。水は人の嫌がるところに流れ、すこぶる謙虚である。

水はものすごいエネルギーを秘めている。急流となれば、固い岩石をも打ち砕いてしまう。

水は、柔軟、謙虚、秘めたるエネルギー
の3つの特徴を持っている。
人間もそれを身につける事ができれば、理想の生き方に近づけるのだという。

人間において必要不可欠な存在である水。その水に意味を見出している言葉には先人の知恵に感銘をうけた。

水は形を変えて存在することができる。そしていろいろなかたちに変化して存在している。

四角い容器に入れば、四角になるし、丸い容器に入れば丸くなる。水の性質をそのように捉える観点に学ばされる。

熱くなったり、冷たくなったり、かたちも変えれば熱量もかえることができる。

水は氷となって強くなることもできれば、溶けて柔らかくなることもできる。

かたちを変えて、性質もかえることができる。

老子で語られるこの言葉

理想的な生き方とは、水のような在り方・姿勢が大切だと学ばされる。

その環境に適応し、謙虚に学び続け、大きなパワーを発揮できるような生き方を続ける事が成長なのだと思う。時に熱く、時に冷静に。

1 2
ABOUT ME
谷本一真
サッカーと予防医学を大切にしている理学療法士 【職歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年フィットネスジムに転職 【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/R-body conditioning coach/日本サッカー協会公認C級コーチ  【サッカー】和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務