中国古典

中国古典〜1日1言〜:1/15

谷本一真

 

1/15

とは

-懐与安実敗名-

左伝さでん

かいあんとはじつやぶ

懐:楽をしたいと思う気持
安:安逸(何もしないで遊び暮す)をむさぼること

漫然とテレビなど眺めながら、のんべんだらりと毎日を送っているようでは、立派な仕事はできないということである。

時間を無駄にしない

中国の春秋時代の晋の“文公”という人物にまつわることば。この“文公“が亡命中に安楽な生活に溺れていたときに、夫人にかけられたことば。

私は、人間は誰しも弱い自分がいると思っている。その弱い自分にどれだけ打ち勝てるかが、目的を達成するために大切なことだと思う。

だらだらとテレビをみて時間を過ごすようだと、立派な仕事はできない。

このことばで学べることがある。

それは、「名を馳せた大名にも、指摘してくれる人の存在がある」ということだ。

人間は目的意識が弱かったり、目標達成にかける思いが冷めてしまうと弱い自分が現れてしまう。周りに指摘をしてくれる仲間がいることは、とても重要であると考えさせられた。

指導する際の注意点

少年サッカーにおいて、だらだらと練習をしている選手を指摘をするのは大人の役目だ。

ただし、指摘するのに注意しなければならないことがある。それは、「相手から尊敬される存在であること」だ。これは元日本代表監督の岡田武史氏の著書である「岡田メソッド」にも記述されている。

中学生のチームにも関わっているが、指導者によって選手たちの反応は変わる。優れた指導者の指摘することは、選手たちはまっすぐ聞こうとする。しかし、選手から尊敬されない指導者の場合は、指導をしてもまっすぐ聞こうとしない。とくに中学年代の選手はそのような傾向があると感じる。

このことばも、”文公”が“妻”という尊敬するパートナーから指摘されている。

だらだらとやる気なく練習する選手は、目的と目標を見失っている。その場合は指導をしっかりしなくてはいけない。

なぜやる気なく練習してしまっているか。
同じく目的と目標を見失っているふざけた他者の影響
他者の影響をうけたぐらいで目的と目標を見失うメンタリティ
家族間のトラブル
学校で嫌な事があった
など…


ただし、少年時代は失敗や後悔のもと、反省し改善を学ぶ時期だと考えている。
大会などの試合結果には、勝つための準備がどれだけできていたかが反映される。
練習やサッカーに取り組む姿勢だ。

普段、だらだらと過ごすことが多い選手には勝利の女神は微笑まない。

目的と目標を達成するために、いろいろな誘惑に打ち勝たなければならない。

私としては
選手たちがサッカーを上達するため、日々の指導を一生懸命する
相手から尊敬される存在になる
だらけた雰囲気がなぜ生じるのかを考え、適切な指摘で改善を図る

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士
PRIコンセプトを基に、障害予防に特化した運動療法を実施しています。 また、小学生へのサッカー指導や社会人サッカーチームの監督をしています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方やスポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました