中国古典

中国古典〜1日1話〜:1/13

 

1/13

愚公ぐこう、山を移す

-愚公移山-

列子れっし

これは寓話である。
寓話:教訓または諷刺を含めたたとえ話。

昔、愚行という老人がいた。家の前に2つの山がそびえ立ち出入りに不便であった。ある時思い立って息子と孫の3人がかりで山を切り崩しにかかった。

この行いは子々孫々受け継いでも絶えることがない。一方山は今以上高くならない。平にできないことがあるものか。

この寓話が言わんとしているのは
①長期的視野
②ユックリズム

長期的な展望の上に立って、あせらず、あわてず、着実な前進を心がけることが、結局は成功の近道なのかもしれない。

どうしても、人間はすぐに結果を求めたくなる。しかし、この寓話が示している通り、大きなことを成し遂げるには時間が必要だ。

そして、時間を積み重ねて達成した目標は、非常に嬉しいものだ。

個人では、
自転車が乗れるようになる
一輪車が乗れるようになる
リフティング10回できない子がリフティング100回
試験合格
など

チームでは
ライバルチームに勝利
県大会優勝
全国大会優勝
など

子ども時代には、「できないことができるようになる」という成功体験は、大人になってから非常に役立つと考えている。

そこで簡単に諦めてしまう子や努力をしない子がいる。

努力量は人によって違う。人間が違うから当たり前である。

うさぎと亀が、目的地まで移動するのにかかる時間が違うように。

しかし、かならず努力を続ければ目的地までは到達できる。

目的地まで到達するための努力をどれだけ継続して行えるかが大切だ。

その目標達成を繰り返すことが、自分に自信をつけるための大切な手段だ。

1 2
ABOUT ME
谷本一真
サッカーと予防医学を大切にしている理学療法士 【職歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年フィットネスジムに転職 【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/R-body conditioning coach/日本サッカー協会公認C級コーチ  【サッカー】和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務