中国古典

中国古典〜1日1話〜:1/12

1/12

積善せきぜんの家には必ず余慶よけいあり

−積善之家必有余慶–

易経えききょう

積善:善行をつみかさねること。
余慶:先祖の善行のおかげで子孫が得る幸福。

良い行いをしていれば良い報いがある。悪い行いをしていれば悪い報いがある。
よい報いを期待しようとするなら、ふだんの行いをつつしまなければならない。
また、悪に向かっていることに気づいたら、早めに軌道修正しなければならないのだという。

「神は細部に宿る」という言葉がある。元日本代表監督の岡田武史氏が著書である岡田メソッドでも述べている。

均衡した試合で勝負をわけるのは、細かな部分である。
それは
試合中のちょっとした気の緩みで生じるミス
これまで積み重ねてきた練習量の違い
試合に対する熱い思い
勝ちたいという強い気持ち
など…

こういった部分の違いが、勝敗を分けると私は思っている。

だから、選手たちには練習が大切であることを常に意識させている。どれだけ試合と同程度の強度(もしくはそれ以上)のプレーをする必要がある。
そういったよいプレーをどれだけ積み重ねるかが、よい報いを受ける一つの方法だと感じている。(オンザピッチ)
そして、サッカー以外(オフザピッチ)の姿勢も大切である。挨拶や物品を大切にする心など、そういった姿勢も良いチームの雰囲気をつくるために大切である。

これは選手だけでなく、保護者やスタッフ、OBなどチームに関わるすべての人の影響もうけると思う。

一人一人がチームのために良い行いを積み重ねることが、そのチームの強さである。伝統あるチームが強い理由の一つだと思う。

そういった雰囲気を醸し出すことができるのは、善行を積み重ねることであってほしい。

逆に、不善(道徳上よくないこと)を積み重ねると、禍が降りかかるともある。
たとえ良い成績や結果を残していても、いつかそれに見合う大きな禍がふりかかるだろう。

選手たちが良い報いをうけられるように、まわりの人間が善行を積み重ねていくことが大切なことだ。

守屋 洋 中国古典 一日一言 PHP文庫

ABOUT ME
谷本一真
サッカーと予防医学を大切にしている理学療法士 【職歴】2009年より理学療法士として病院に勤務(急性期の患者様〜在宅期の患者様へのリハビリを経験)2019年フィットネスジムに転職 【資格】理学療法士/3学会合同呼吸認定療法士/心臓リハビリテーション指導士/R-body conditioning coach/日本サッカー協会公認C級コーチ  【サッカー】和霊SCコーチ/FC宇和島監督/宇和島JYFCトレーナー兼務