1月

中国古典〜1日1話〜:1/11

谷本一真

 

1/11

好死は悪活に如かず

-好死不市悪活-

通俗編

好死:立派な死に方
悪活:見苦しい生き方

とにかく生き抜くほうが、「好死」に優っているのだという。

一般的に言って、われわれ日本人は壁にぶつかったりすると、本能的に死をえらぼうとする。
せっかく与えられた人生だ。とにかく生きてさえいれば、いずれは花の咲く季節もこようというものだ。

日本人のこの思想には、武士道がかかわっていると感じる。「死に際に花を咲かせる」という言葉があるが、死んで人のためになるという思想が過去にあった。日本のアニメでもそのような思想が目につく。

しかし、この言葉は生き抜くことの大切さを謳っている。

R3の日本における自殺者数は約2万人と公表されている。
警察庁HPより

平成10年ごろを境に、徐々に自殺者数は減少しているという報告もあるが、行方不明者は増加傾向にある。
厚生労働省 自殺の現状
内閣官房孤独・孤立対策担当室用資料
行方不明者の推移

行方不明者はH30年で約8万7千人にものぼる。

自殺者数と行方不明者数の両方をみることが、大切である。
そうしてみると、自殺者数の数は減っていても、行方不明者の数が増えているのでH20年ごろからのデータで比較するとそう変わりはないのだろう。

フレイル(虚弱)という言葉が、医療業界や介護業界で注目を浴びている昨今。
このフレイルの中には”社会的フレイル“ということばがある。人との繋がりに弱くなった人たちだ。
この社会的フレイルが生じていることも、自殺要因のひとつであろう。

PAGE
1 2
ABOUT ME
谷本一真
谷本一真
理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士、PRP-Japan
PRIコンセプトを基に、小学生~高齢者を対象に運動療法を実施しています。 また、主に小学生を対象としたサッカー指導者としても活動しています。 PRIコンセプトに基づく運動療法を希望する方や、スポーツにおけるパフォーマンス向上に取り組みたい方、お気軽にお問合せください。
記事URLをコピーしました